田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

18時のサクラソウ自生地は真昼の明るさでした

2016年の夏至は6月21日の火曜日。朝から小雨で午後には止むとの予報だったが、九州は大雨で、地震で痛めつけられた熊本の雨量が多いのは何とも非情だ。
昼過ぎには止んで、次第に青空が広がった。この日のさいたま市の日の入りは19時01分。自生地には16時30分に着き18時までいたがまだ真昼で水門は帰り際にも日に輝いていた。

15日にはチョッピリ見えた特別天然記念物の石碑はオギの緑の中に沈んでいた。
中央観察路を入ってすぐにホオズキが花を付け、相変わらずオカトラノオ属の様々な形の白い花穂が多い。トモエソウは夕方ですがれているのが多かった。ノカンゾウがアチコチで見られるようになり、オニユリは蕾が白くなりつつあったがまだ開花は当分無理だ。ヤブジラミの白い傘は相変わらず多い。

サクラソウは櫺未ほとんど見られなくなったが、枯れ落ちたのではなく種子を実らせた事を祈る。ノカラマツは小さな紡錘形の痩果が見られるようになった。

左は半夏生、半化粧とも表記されるドクダミ科のハンゲショウ。

これからの自生地の主役のノカンゾウ。八重のヤブカンゾウも間もなく。
成虫で越冬し、春一番にサクラソウも訪れるキタテハ。
花弁の形が名の由来のトモエソウ。
午後には花を閉じるコカモメヅルが18時近く開いていました
いつも電線で囀るホオジロが今日は見送ってくれました。
ママコノシリヌグイで番っていたカメムシ。白いのは赤ん坊?

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター