民話の会どんとはれ
                               

お寺のご本尊の仏壇を背にして語るのは初体験

日時:平成28年6月19日(日)13:30〜
場所:さいたま市北区別所町 真宗大谷派(東本願寺)弘興山光照寺
聞き手:光照寺護持会総会出席者30余名
訪問者:5名 
 光照寺がある大宮の別所地区は、宇宙飛行士若田さんゆかりの地でもある。手入れの行き届いた会場で、「蓮如上人様の絵解き」の講演があり、その後にまず仏様に一礼してから、お仏壇を背にして語るという初の体験をした。

←光照寺の外観、看板がなければ普通の民家?

絵解き「白骨の御文」:光照寺の絵解きサークル会員による。
皆で見聞した。
仏壇の前であいさつする的場会長
星野喜美子:民話「嫁と姑」
長澤昭洋:
民話「大つごもりの福の神」
星野スエ子:
民話「さきざきさん」
米山正順:民話「芋ころりん」

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター