民話の会どんとはれ
                               

いきがい大学の皆さんの学習への意気込みの高さを感じた!

日時 平成28年5月31日(火)13:00〜14:45
講座名 「民話とボランティア」
受講生 彩の国 いきがい大学 伊奈学園
専攻課程 ひと・まち ふれあい科講座
場 所 県民活動総合センター306号室
訪問者 民話の会どんとはれ 9名(全員)
<感想>
 受講者の皆さんが、熱心に聞いていた。「民話と昔ばなし」では、話の入手先や「どんはれ」の名前の出所について質問が出た。民話語りの実演では、語るごとに大きな拍手をいただいた。
 質疑応答では、積極的に的確な質問が出て、このクラスの皆さんの学習への意気込みの高さを感じた。

会場風景、会長の的場政幸があいさつを述べているところ。
米山正順:「民話と昔ばなし」について解説する。
長澤昭洋:昔ばなし「額に柿木」
星野喜美子:
昔ばなし「鬼むかし」
熊谷康夫:昔ばなし「むじな」
星野スエ子:
昔ばなし「さきざきさん」

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター