民話の会いなぼっち
                               

第4回民話・昔話し口演会

日 時 2016.3.24(木)
場 所 さいたま市浦和コミュニティセンター(第15集会室)

 今回の口演会は、『公益財団法人大同生命厚生事業団シニアボランティア活動支援助成金』の支援を受けて行いました。
 今までの中で、一番多くの皆様においで頂き誠にありがとうございました。
 これからも皆様に喜んで頂ける語り手になるよう精進して参りますので、「民話の会いなぼっち」への暖かいご支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

 
   

伊藤豊一 「風格のある幽霊」

 ありがとうございます
今回の口演会も、こんなにたくさんの方々に来て頂けるなんて・・・
嬉しいですね〜〜、本当に感謝です。
いろいろな人達との出会いと、みなさまに聞いて頂ける幸せを求め感じながら、
施設の訪問・・・・・またまた、がんばらなくっちゃね。
次郎丸寿子 「お彼岸と彼岸」

 今回の「第4回民話・昔話し口演会」には、寒の戻りで肌寒い中にもかかわらず、大勢の皆様にお越しいただきまして心より御礼申し上げます。
 今回は、永遠のテーマでもある「嫁と姑」が仲直りするきっかけとなった「彼岸」の呼び方についての愉しいお話でしたが、来年は今年以上に安心して聴いていただけるよう、精進を重ねて参りたいと思います。
 皆様、お体お大事に、来年も是非お出かけ下さいね。お待ちしていま〜す!
岩崎敏夫 「子育て幽霊」

 今回も天候にも恵まれて多数のご来場お頂き大変感謝しています。
 前半と後半では話ががらりと変わり、構成的にも良いと思いました。
他の民話の会とは人数が少ないので、長い話しを聞きたいと言われた方もいたようです。音量やいすの配置など細かいことはたくさんあると思いますが、まだ4回なのでこれから少しずつ勉強していければいいとおもいます。
 何人かの皆様に話がうまくなりましたね、とおほめの言葉も聞こえました。ありがとうございます。
仙澤昌子 
「三途の川のばばさ、後家入り」

 今年は第4回目の口演会。未熟な私です。頭の中が真っ白に成ったらどうしよう。
そんな事を考えながら臨んだ口演でした。
 張りつめた気持ちの中に、嬉しい気持ちが込み上がってきた。
風の便りを辿って、10年振りの良き友が誘い合って訪れてくれた。
励ましを有難う。応援を有難う。これからも頑張ろう。気持ちを新たにスタートしよう。
伊藤美佐子 「まよい家」

 いなぼっちの口演会も4回目を迎えることができました。
 今回も大勢の皆さまに来て頂きまして、本当に有り難うございます。
 初めて遠野物語りを語らせて頂きましたが、まだまだ上手に語る事ができません。
来年こそは・・・来年こそは・・・といつも思います。皆様に感謝、感謝です。
橋本孝郎 「つるかめ」

 今回の口演は,前回口演よりも緊張しました。聴く方のレベルが年々高くなっていることを肌で感じたからだと思います。
緊張の中で語りましたが、上手に語られたか心配です。
言葉、間などの表現不足を感じました。
 皆様の温かい応援のお蔭で、やるべきことを教えていただきました。
次回、口演に向かって頑張ります。


奥山久子 「嫁の草取り」

 今年も芽吹きの季節に、初めての方、お顔なじみの方など多くのお客様がご来場いただき、民話を楽しまれ有難いことでした。
 祝い鶴舞う会場に登場人物達の息づかいが、ゆらゆらと立ちのぼり、聞き手の息づかいと、故川崎先生の息づかい、そして語り手の息づかいが融合していたように思いました。
そして、回を重ねるごとに、各人の余裕と余韻が佳かったと嬉しいお言葉を頂戴いたしました。
 野辺に咲く桃の花、水仙の香りに導かれ、昔話のふる里を訪ねましょう。
そして、仲間と共に、なつかしい昔話を皆様にお伝えできればと思います。お客様と仲間に感謝をこめまして
熊谷初雄 「化けくらべ」

 花冷え・寒の戻りで桜も一休みの今日の寒さの中、多くの方々のおいで頂きありがとございます。
 これからも、楽しい話しを語れるようになりたいと思う心で、元気で来年を迎えたいと思います。
高井竹子 「あずきまんまの歌」

 今回は、朝から小雨が降るというお天気で心配されたが、お昼頃より雨も上り始めて、大勢の方がご来場下さり有りがたく心より感謝致します。
 今回、私には荷が重すぎる最後の語り役となってしまって、私がこけたら台無しになるかもとの思いで責任を感じてしまった。
 でも、こんな機会はまたとない事であろうと考え、それを体験出来たことを良かったと思っている。
 また、来年も仲間たちと元気に語りたいと思っております。皆さん、お疲れ様でした。
会場風景

 沢山の方々に来ていただきまして、本当に有難うございます
もっと、もっと・・・がんばらなくっちゃぁ。
マスコットのいなぼっちと
祝い鶴が、主役と一緒に記念撮影です、
主役はだれですかって?・・

もちろん皆さんに一番喜んで頂いた、中央に居ります 飴です。
あの〜っ・・・・・

わたくしが、ご紹介頂きました・

 飴です。
口演が終わってホッとしているんです 
んで・・・

はいパチリ・・・。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター