田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

2016年の立夏は夏の太陽が降り注ぎました

2016年の立夏は5月5日で、こどもの日と同日だ。気温は27℃まで上がり文字通りの夏日。真夏のような太陽が降り注ぎ、オオヨシキリが樹上で囀り、コゲラが忙しく動き回っていた。

オギなどが腰の高さくらいになり、ヨシは高く伸び始めた。花はレンリソウとチョウジソウが見られ、ハナウドがかなり増えて白い傘を広げていた。白い花にはコアオハナムグリが群がっていた。トダスゲの果胞が大きくなった。

サクラソウはすっかり隠されてしまい、第一次指定地ではほとんど見られなかった。第二次指定地や補完地にはまだ花が見られ、櫺未多く付いていたがほとんどが同花受粉なのだろうか。

自生地でもハルジオンが多く見られる(左)。元々は観賞用として移入されたが、その繁殖力の旺盛さからヒメジョオンと共に要注意外来生物に指定されている。ハルジオンの花は赤みを帯びる事が多く、蕾が垂れ下がるのが特徴。

マメ科のレンリソウ。今年はA区の観察路際に多く見られた。
サクラソウの周りには多くの櫺未見られます。
花は終わりに近く袋果が育ち始めているチョウジソウ。
セリ科のハナウドは外側の花弁が大きいのが特徴。
膨らんだ果胞が粟に似ている事から別名アワスゲのトダスゲ。
エキサイゼリにしては高さがありすぎたヤブジラミ。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター