田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

自生地に暖かい陽射しが降り注ぎ初夏の趣です

2016年の穀雨の4月20日は汗ばむ程の真夏の日射しが降り注ぎ、自生地には多くの人が訪れた。
でも残念なことにノウルシやノカラマツが大きくなってサクラソウを隠してしまっている。その上オギやスイバが伸び出して見える所もスダレ越しだ。

テントを訪れる人たちは一様に半信半疑で「まだ早いんですか」とか「サクラソウは見られますか」などと問いかけてくる。
どうしても「さくら草まつり」を花のピークと考え、その前後とお思いになるようだ。

今年も見ごろは10日前後、15日くらいまでだった。特に9、10日の土日は桜もまだ十分に鑑賞できて訪れた人は幸運だった。

さくら草まつり'16の17日は生憎の強風に雨がまじる悪天候で、折角のお祭りが台無しだった。
我々もお昼近くまで頑張ったが次第に風雨が強くなり、テントの前も閉めて雨風をしのぐ有様で、12時近くに解散した。

18日には新開(しびらき)小学校の4年生53人が課外授業で来園。子どもたちは好奇心が旺盛だ。
今年も北海道をはじめ各地から色々なグループが来園してくれたが、名実ともに特別天然記念物として誇れる自生地でありたいと思う。

グループのお客さまも多く見えました。
サクラソウは周囲の草の間から花を見せています。
ノウルシはいつの間にかこんなに実を付けています。
今一番多く花を付けているのはキジカクシ科のアマドコロです。
バラ科のミツバツチグリは早くから花を咲かせ、群落していました。
あと一歩で花開きそうなチョウジソウ、夕方には咲いたかも。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター