民話の会どんとはれ
                               

聴衆28人中男性は8名で7割以上が女性

場所 北浦和、浦和民主診療所デイサ−ビス
日時 平成28年4月13日(水)14時〜15時
聞き手 利用者28人+スタッフ8人
訪問者 4名
  午後1時30分に現地集合するも、利用者はお昼寝の時間なので控室でお茶を飲みながら着替えをし、2時5分前に舞台を設営して、すぐ開演となった。
 この施設は珍しく男性が8人もおられ、比較的しっかりした方が多いせいか皆さん真剣に聞いてくださった。演目は猫・ネズミ・ムジナと動物物語がつづき、35分くらいで終わってしまったので、短い話を2話おまけに語った。皆さんの「面白かったよ!」の声に気を良くして、「お呼びがあれば、また来ますよ!」ということで帰途についた。
← もう鯉のぼりが泳いでいた会場



開会あいさつ
星野スエ子:
民話「さきざきさん」
的場政幸:民話「絵に描いた猫」
米山正順:
民話「ネズミのお見合い」
熊谷康夫:民話「むじな」
おまけ 星野スエ子:
民話「極楽さいった婆様」

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター