民話の会どんとはれ
                               

民話・朗読・紙芝居と三者三様の語りを披露

日時 平成28年4月12日(火)14:00〜14:50
場所 北本市、ツクイ北本デイサービスセンター
訪問者 3名
聞き手 30名、ほかスタッフ数人
  今回は、いつもよりしっかりした聞き手の方々で、男性も8名いてよく聞いてくださり、やりがいがあった。どんでん返しの猫の話には、笑いも出た。また、“範頼伝説”は北本市石戸に伝わる話で、季節も桜の時期だったので興味を持って聞いてくださった。
2話が終わったところで皆さんと柔軟体操をし、そして「♪熱海の海岸散歩する〜」を合唱してから、紙芝居「金色夜叉」を始めた。
← 3人が順番に自己紹介をする  



「ツクイ北本」デイサービスセンターの外観
的場政幸:民話「絵に描いた猫」
会場風景
熊谷康夫:朗読「源範頼と蒲桜」ほか亀姫にまつわる歴史の話などを写真を交えて紹介
間中喜久江:柔軟体操の後「♪熱海の海岸散歩する〜」を合唱
間中喜久江:紙芝居「金色夜叉」

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター