さいたま市民ネットワーク (NPO法人)
                         

市民報癸械亜崕薹悒丱好張◆柴箪検廚できました

 雲ひとつない日本晴の2月2日、

「成田山初詣・東京スカイツリー

バスツアー」(浦和区岸町商店街、

さいたま市民ネットワーク共催)が

開催されました。

 高い視野からの眺望を誇る

“スーパーハイデッカーバス”を仕立て、

浦和区の調神社前と南浦和駅前から

乗車した40名の参加者は一路千葉県

成田市の名刹成田山新勝寺へ。

後藤勉 岸町商店街会長・

市民ネット理事長の挨拶で、

みんなで「カンパ〜イ!」。

車内には「さいたま彩の国音頭」が

賑やかに流れ、飲物とおつまみが

行き渡り、

バスの中は立春大宴会場に!


(レポート 市民ネット事務局長
               水野臣次)

 天慶3年(940)開基で千年以上の歴史を誇る成田山新勝寺。
 江戸元禄の歌舞伎役者 成田屋市川團十郎 市川海老蔵らの芸道を磨く道場として、江戸庶民の娯楽の場として今日に至る、宗派を超えたワンダーランドです。
 羊かんで名高い、「米谷観光センター」1階を借り切っての、新春昼食会。
 特産の美味を楽しみながら、会話と来賓あいさつで、宴会場は盛り上がりました。
 仁王門1831年再建(重文)は境内入り口にあたって本堂伽藍を守護しています(写真左)。
 1712年建立(重要文化財)の三重塔。諸仏が奉安され周囲には島村円徹の彫刻が色鮮やかにめぐらされています。

 江戸情緒残る成田での華やかな昼食会と初詣のあとは、技術大国日本のシンボルとしてそびえ立つ東亰スカイツリー。
 天下を見下ろす展望台で、参加者はそれぞれ、明日への夢や希望を沸き立させました。
 一日のうちに、新旧の日本文化に触れた意義あるバスツアーは、輝く笑顔の中で、さいたま市へ無事帰着。
 北浦和のレストランで、ワインパーティーの“打ち上げ”をしました。
 さいたま市民ネットでは、2020年 東京オリンピックを前に、マナーの向上キャンペーンを行っています。
 屮┘好レーターでは歩けません」歩くことは目的外使用となり、危険です。高齢者や体の不自由な方、子供たちのために右側を開けるという悪習をやめて、両側に立ちましょう!
◆嵎發スマホはやめましょう」
「ドア横の寄りかかりは迷惑行為」電車の出入り口ドアの横に寄りかかって立つことは、危険で迷惑なのでやめましょう。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター