NPO法人華齢なるケアマネたち
                             

第157回「要約する力を身に付けよう」〜記録のエコ化でストレス解消〜

◆第157回 3月の勉強会

・開催日:平成28年3月12日(土)
      9:30〜12:00
・場 所:シーノ大宮  第1集会室
・ファシリテーター:壷内ケアマネ
・参加者:19名
・プログラム
 一部:9:30〜10:00
     情報交換タイムなど
 二部:10:00〜12:00
  テーマ:
  「要約する力を身に付けよう」
   〜記録のエコ化でストレス解消〜

★狙い
 1月の交流会の反省の中から、記録が滞りがちとの声が多数ありました。そこで、記録の事例を通して、基本的な書き方は?何を書くの?何の為に書くの?等検討してみました。


★結果
経過記録は自分を守る手段である事に気付いた。ファシリが持参した経過記録を教材としたことで、参加者らは記録の良い点、改善点が身近なこととして理解ができた。改めて、記録の重要性を再確認できた勉強会となった。
       
   

【振り返り】
Aさん: 記録をスリムにした 
い。経過記録は自分を守る手段でもある事に気付いた。
Bさん:短文・体言止め敬語不要等取り入れたい。    
Cさん:事例を見ながら自分にも当てはまると思った。
Dさん:音声入力は新しい発見 だった。 
Eさん: 福祉用具相談員もモニタリングが大事。気を付けて
記録したい。  
Fさん 弁護士も経過調書が重 要。自分の記録を反省したい。           
             等々 

   
【ファシリの振り返り】
「記録のエコ化」が最初の目標であったが中身がずれてしまった。
資料を十分に使いこなせなかった。自分の記録を直さずそのまま使ったが、これは記録ではなくメモだと思った。人にわかりやすく伝える事の難しさを実感したが、常に第3者にわかる記録になっているか?現在自問しながら書いています。
【5月勉強会のお知らせ】     
     担当:中村

・日時:5月14日 9:30〜12:00
・場所:浦和コミュニティセンター第7集会室
・テーマ:
 「住宅改修の基本を学ぶ」
〜相談から理由書作成終了まで〜



            以上

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター