民話の会どんとはれ
                               

講座が刺激でボランティア参加者が増えるか?

日時:平成28年2月23日(火)13:30〜15:00
場所:いきがい大学熊谷学園5期2学年ふるさと伝承科
参加者:どんとはれ9名
受講者:22名 

いつものことながら、会場は元妻沼町議会の赤い絨毯が敷かれた議場での講義で、一段高い演壇での口演は、気分よく話が出来た。
最近のいきがい大学の学生は、ボランティアにやや不熱心だそうで憂慮しているが、れわれの講座が少しでも刺激になり、ボランティアに参加する人が出てくれば良いのだが・・・。(長澤)
← 開会あいさつを述べる的場会長(左から2人目)

本日の当番の人が午後の講座の開始を告げ、「民話の会どんとはれ」を紹介してくれた。
米山正順:
「民話と昔ばなし」について解説
星野喜美子:スライド24枚を使って、どんとはれのボランティア活動を紹介
熊谷康夫:
民話「赤城と日光の戦い」
長澤昭洋:民話「ふぐはうち」
星野スエ子:
民話「さきざきさん」
外川澄輝:民話「ごんぎつね」(スライド画面付き)
スライド上映中の会場風景
語り終えて、全員が前に出て質問に答えた

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター