風景写真の真髄に迫る人をお誘いする研究会・片柳フォーカス
                           

風景写真と陶芸の融合作品展盛会にて終了しました。

片柳フォーカス・代表 志田清治
くちなし陶の会・会長 須田良紀
               
合同作品展・9階サポートセンター多目的展示ホール
風景写真と陶芸の融合作品展・双方共に作品作りの技を
競い会うかの如し、来観者にアピールするに相応しい
作品を出展し、写真出展者は陶芸をうらやましく思え
陶芸出展者は写真をうらやましく成るような合同作品展
となり、来観者に対しても有意義な展示会となった事を
報告いたします。

 
   

風景写真と陶芸の合同作品展
会場入り口風景。

裾野市・富士山麓にあるゴルフ場・満月明かりに映る池越えコース深夜の夜景。全倍サイズ
古代ローマからお越しのような
美人像。
近代絵画と対照的、素晴らしい
融合となった。
磐梯山の山麓にある小さな池
9年前の写真、今では貴重な絵画となった。
温暖化のせいで、この色彩はもう無い。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター