民話の会いなぼっち
                               

女性ばかりで張り切りました

日 時 2016.1.22(金)
場 所 ワンコイン東六
聞き手 30名
参加者 3名

 良い天候に恵まれた昼前の45分くらい、3人でボランテアに出かけました。
 女性ばかり地域の婦人サロンの皆さんが元気よく健康体操と発声などをし、そのあとお正月の唄と一月一日の唄をみんなで歌い体と心がほぐれた所で昔話に入りました。
三人の話しを興味深く聞いていただき、そのあと売り声を聞いていただきましたが、私達と年代が近いので懐かしがっていました。
 最後に皆さんと手遊びで“納豆納豆ねーばねば”をやり楽しい時間を過ごしました。
         (記 岩崎 敏夫)

熊谷初雄 「十二支の始まり」

 十二支に入れなかったイタチは「もう一回やり直してください」と、神様にお願いしたそうです。
こまりはてた神さまは、「それでは月の最初の日をお前さんの日にしてやろう」と・・・
岩崎敏夫 「節分の鬼」

 福は〜内 「ちゃうちゃう、鬼は〜内だよー」 家の中に鬼がいたらこわいよー・・・
奥山久子 「山の背くらべ」

 むかし、富士山は八ッ岳より高くはなかった。阿弥陀様にお願いしてどちらの方が高いか決めてもらうことにした・・・ 

 

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター