民話の会いなぼっち
                               

おならがなんで歌うの!

日 時 2015.12.18(金)
場 所 リハビリDO
聞き手 15名
参加者 3名

12月半ばと言うのに暖かく、ちょっと冷たい風がとても心地よく感じられました。
今日の語りは「まよい家」って言って、それだれー誰さみるものでねえんだと。神様福を授ける為にみせるんだと、と言われているお話し。
 次は、掛け軸の中に描かれているきれいな姉様が生きている人のように…
 最後は、爺様のお弁当を食べてしまった小鳥をぴょっくり飲み込んでしまって…
するとお尻から“しじゅうがら、やまあがら”と屁が歌いだした…
 3話聞いて頂いて、パートナーソング(雪と春が来た)を合唱して頂きました。 終わった後、「合ったね、 上手くそろったじゃない」と2組が一緒に終わって、拍手、拍手、パチ、パチ、パチ…
最後に、笠地蔵の紙芝居を聞いてもらいました。
 リハビリDOさんへの訪問は今年最後です。もう何回目になるのかなあ…。
未熟な語りを聞いてもらって…、とっても有難い、皆様に感謝です。
来年も宜しくお願い致しま〜す。
         (記 伊藤 美佐子)

高井竹子 「とりのみ爺」

 ひょんなことから小鳥を飲み込んだ爺様は“しじゅうがら、やまあがら”と小鳥が鳴いているような屁を出した・・・
伊藤美佐子 「まよい家」

 正直な嫁には神様福を授けてくれるそうな。私も正直なんだけどなあ〜・・・
 
橋本孝郎 「掛け軸女房」

 掛け軸に描かれている美しい姉様を毎日ながめていたら、ある日兄様の家にやって来て・・・

 
パートナーソング
      「雪と春が来た」
紙芝居 「笠地蔵」

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター