民話の会いなぼっち
                               

楽しい一時を共に過ごしました

日 時 2015.11.19(木)
場 所 ゆめこうぼう虹
聞き手 10名
参加者 3名

 ニューシャトル(大宮〜内宿)伊奈中央駅から徒歩10分の住宅地にある、住宅を改造した家庭的な雰囲気のある10人ほどの通所介護施設です。曜日によって利用者の増減があり、本日は少ないように思われました。
 今日の語りは、みょうが宿、月のうさぎ、花咲か爺さの3話ですが、語りに関係することを一言加え語ってみました。
なお、この話は何々地方のお話ですが、皆さん所では、このような方言がありますかと、問いかけながら楽しい会話をして進めていきました。
幼い時、友達、故郷などを思い出していたようでした。
次に「里の秋、もみじ」の歌を二手に分かれて同時歌い、最後には一緒に終わるパートナーソングを大きな声を出して歌いました。
最後に橋本孝郎の紙芝居「笠じぞう」を演じ、終了後は皆さんと一緒にお茶を飲みお話をして今日の活動を終わりました。
            (記 橋本孝郎)


橋本孝郎 「みょうが宿」
 
 橋もっちゃんのお得意のみょうが宿・・・、
あの〜っ・・・・・
ミョウガののっけ寿司も・・・
メニューに入れてほしいんですけど・・・・ぜひ・・。
次郎丸寿子 「月のうさぎ」
 
 私のこの服装・・・見て下さい
月のうさぎが描かれているんです。
すっ、すてきでしょ・・・。

伊藤豊一 「花咲か爺さ」
 
 う〜らの はたけで〜ポチがなく〜っ 正直じいさん掘ったれば〜っ お〜ばん こばぁ〜んがざっくざぁっく ざっくざく・・・
歌の後は、み〜んなが知っている
むかしかたりです。
紙芝居 「笠地蔵」
 
 笠いらんかね〜っ、笠いらんかね〜っ・・・
でも、ちいとも売れません。
 ゆめこうぼう虹に飾ってあった
手作りの切り絵のバスの横に・・
可愛いお地蔵さんがいました
 お手手とお手手を合わせて・・・
し・や・わ・せ・・・。
 

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター