特定非営利活動法人市民の患者学研究会
                             

さいたま市七里公民館で「知ってプラスにする受診のしかた」を講演

さいたま市見沼区、七里公民館で「知ってプラスにする受診のしかた」を当団体代表横関が講演しました。

同公民館が開催している「ニコニコ生きがい学級」において、同講座が指名されたものです。
講演内容は、次の通りでした。

○ 日時  平成27年12月9日(水) 13時30分から2時間
○ 場所  さいたま市見沼区七里公民館

○ 講座名 生きがい健康づくり教室ーニコニコ生きがい学級
○ 対象者 七里地区在住の65歳以上の方、約30名

○ 講座内容
 変わりつつある、医療、介護制度について、良い医療の受け方や負担の軽くなる方法等について説明いたしました。特に最近ニュースでも取り上げられている薬のチエックやお薬手帳の活用は患者自身の問題でもあるとする説明には、多くの関心が寄せられていました。

○ 質問
  ・長期入院の場合の自己負担が増えるることについて

  ・ジェネリックに関して等
 





 
   

七里公民館には、テニスコート2面を持つ素晴らしい施設です。
講座風景です。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター