ふるさと上谷沼 地域創造塾
                               

平成27年10月 さいたま市立大谷場東小学校チャレンジスクール

平成27年10月17日(土)
さいたま市立大谷場東小学校 土曜チャレンジスクールの様子です。

当日は地域のイベントと重なってしまい、出席者少な目の土曜チャレンジスクールでした。

最初に、上谷沼でみられる生きもの6つのグループに分け、
「上谷沼生きものバスケット」ゲームをしました。

大人も子供も盛り上がっていました。
続いて、桑の枝とオオオナモミを使った遊びです。
桑の枝の先から垂らした糸にオオオナモミを結び、
上谷沼で採取してきた、カナムグラよオオオナモミを釣り上げます。
歓声を上げながら、上手に釣り上げていました。
続いて、オナモミダーツで遊びました。
的は、キッチンペーパーに子供たちが自由に絵を描きました。

10万点なんて高得点の的もあり、自由でした。
今日遊んだ オオオナモミは、「くっつき虫」と呼ばれています。
なぜ、ダーツの的や洋服にくっつくのでしょうか?
ルーペを使用して観察すると、ある気づきがありました!
マジックテープは、この原理を利用しています。


使用した草は、すべて上谷沼で採取したものです。
が、オオオナモミは もともと上谷沼に生息していなかった「外来種」です。
もともといた植物を絶やしたくないので、当会では 外来種の抜き取り活動も実施しており、本日チャレンジスクールで使用したオオオナモミも、別のところで種をこぼしてしまったらいけませんという説明をしました。
最後はみんなでしっかりと掃除をして終わりにしました。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター