田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

ノコンギクが盛りを迎えユウガギクもまだ花が

2015年10月24日の霜降は秋晴れの汗ばむほどの好天だった。バス停付近から俯瞰した自生地は白さを増したオギの穂波が広くなり、秋の深まりを感じた。

自生地ではノコンギクが花の盛りを迎え、ユウガギクも痩果が多くなったがまだまだ花も見られる。ユウガギクなどは冠毛が短いとの理由でヨメナ属に分ける見解が多かったようだが、新しいAPG分類では全てシオン属に含められたようだ。

レモンエゴマ、コメナモミ、アキノウナギツカミも相変わらず多く、カナムグラは雄花が盛りを過ぎ雌花が目立つようになった。先日の観察会でレモンエゴマと野生化したエゴマの見分けが問題になった。調べてみると外見だけの見分けは非常に難しいが自生地のものはレモンエゴマと同定していいようだ。

ジョロウグモもビックリするほど多くウッカリするとからめとられそうだった。ひときわ大きなジョロウグモを写したら小さな雄グモが2匹いた。不思議だったが一つの巣に2匹の雄グモが居る事もあるというので納得だった。

カナムグラの雌花はもう赤くなっているのも見られた。
左上と右下にオスが見える。ジョロウグモの雄は非常に小さい。
観察路を彩るユウガギクは痩果が目立つようになった。
コメナモミの総苞片には多くの腺体があり他のものにひっつく。
ハラビロカマキリが逆さになって卵鞘を工事中でしょうか。
アキノノゲシは白い冠毛を伸ばし痩果を風に乗せる。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター