民話の会いなぼっち
                               

小雨交じりの肌寒い午後

日 時 2015.9.25(金)
場 所 ゆめこうぼう虹
聞き手 12名
参加者 3名
友情出演 1名

「こんにちは〜」「ご無沙汰しました〜」「お久しぶりで〜す」
秋雨前線の影響で小雨降る肌寒い日、私達4名はディサービス「ゆめこうぼう虹」を訪問しました。
利用者さん・スタッフの皆さんもお元気そうで、皆さん楽しみに待っていて下さったとのこと。早速語りを始めました。
 美しい女の人を助けお礼に貰った小箱を持ち帰った馬子でしたが、なんとその人は竜神様であったという悲しい「見沼の弁天様」
 昔、伝右川に住むナマズとライギョが、釣りあげられて天ぷらになった後も嫁さんの腹の中で、「伝右川の主」を言い張りあばれるという楽しいお話
 お寺の坊さんの計らいで、嫁と姑が仲直りする「お彼岸と彼岸」の3話でしたが、
「あら〜、そうなんだ」「え〜面白い!」「仲良くなって良かったこと〜」等など思い思いの感想と元気をいただきました。
 語りの合間に「キャベツの歌」の手遊びで疲れをほぐし、最後には友情出演の河田敏子さんのウクレレに合わせ、皆さんでにぎやかに合唱しました。
 間もなく10月に入り、寒暖の差の大きい季節を迎えます。
利用者さん、スタッフの皆さん次回の訪問までどうぞお体お大事に!
          (記 次郎丸 寿子)

熊谷初雄 「見沼の弁天様」

 決して開けてはならないという約束を破って箱を開けてしまった。
それからというもの・・・
 

 
伊藤美佐子 
     「なまずとらいぎょ」

 のんびりとした田舎の風景が目に浮かびそうなお話しです。
次郎丸寿子 「お彼岸と彼岸」

 (ぼた餅とおはぎ)どっちが美味しいのかなあ
ウクレレで合唱
    友情出演 河田敏子さん
(どじょっこ、ふなっこ・知床旅情)等なつかしい曲をみんなで合唱しました。
くまモンと祝鶴

 二人?並んでパシャ

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター