民話の会いなぼっち
                               

鬱陶しい空模様の下で語る

日 時 2015.9.18(金)
場 所 通所リハビリテェーションなごみ
聞き手 27名
参加者 3名

 昨日からの雨も午後には止み、曇り空のうっとうしい日々が続いています。
皆様は顔色もよく、語り3題を聞いてもらいました。
 語りの間に、手体操「桃太郎、鬼のパンツ」で楽しみ、そして最後に、ピアニカ(岩崎)オカリナ(高井)の演奏で、「もみじ、ふるさと」を全員で合唱してお別れしました。
                          (記 熊谷 初雄)

高井竹子 「くわんくわん」

 おはぎを食べたのは御本尊様だべ〜その証拠にお口にあんこがついているべえ・・・
熊谷初雄 「見沼の弁天様」

 まっこと天女か弁天様か、気品があって、そのきれいなこと、きれいなこと・・・あらっ私の事かしら
岩崎敏夫 「猿地蔵」

 爺様は大きな木の株に腰をおろしてコックリ、コックリと眠ってしまった。そこへ、山の奥から猿どもが、ワリワリ、ワリワリ…

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター