田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

台風23号の影響で強風が吹き荒れました

2015年10月8日の寒露は台風23号の影響で空は青く澄み渡ったものの、強風でヨシやオギの穂は大きく波打っていた。
観察路の両側はユウガキクに覆われていたが、白い花々は時折吹き抜ける突風に千切れるほどで、可哀想だった。

レモンエゴマやコメナモミ、アキノウナギツカミも見られるようになったが、アキノノゲシ、ツルフジバカマは盛りを過ぎて果実が見られる。
ツルマメ、ヤブツルアズキは豆果だけになり、アカネはまだ青い実が見られた。ヤブマメは花も無かったようだ。

スズメバチが飛び回って長い間入れなかった北観察路の鴨川寄りは通行止めが解除されていた。9月末に専門業者が駆除したようだ。木の根元には石灰などに混じって大きな巣のかけらがたくさんあった。巣があった木の穴はかなり大きく奥深い。穴を埋めないと来年また巣を作られそうに思うが・・・。

風が強くて写真が撮りづらい上に、愛機がレンズエラーで使えず、スマホの写真なので不鮮明なのをお詫びします。

バス停付近から俯瞰するとオギの白い穂が目立っていた。
今回もまた通路の片側のノリ面だけの除草です。
オギの白い穂が左右に大きく揺れ、怖ろしいほどだった。
カナムグラの雄花が強風にもめげず立ち上がっていました。
かなり大きな巣です。モンスズメバチなのか定かではありません。
桜草公園ではキツネノマゴやイヌタデが花盛りでした。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター