田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

アキノノゲシが満開で、ヒガンバナは少し遅い

2015年の秋分の日は晴天、最高気温は28℃まで上がり、桜草公園は若い家族連れで賑わっていた。
自生地はアキノノゲシやフジバカマが満開、ヒガンバナは最盛期を少し過ぎた感じだった。キンミズヒキ、ツユクサ、ヤブツルアズキ、ツルフジバカマは相変わらず多くの花を咲かせている。

隆盛を誇ったセンニンソウの花はほぼ終わり、多くの痩果をつけている。ツルマメも全く見られなくなった。豆果もほとんど見られず、チョットあっけない。今日はヤブカ蚊の攻撃が猛烈で、素早いし痛かった。

アカネの小さな花がたくさん咲き始めた。ママコノシリヌグイ、スズメウリ、ゲンノショウコの花も見られる。ヨモギも相変わらず花らしくない花をいっぱいに付けている。

帰り際、中央観察路に大きな犬を連れた人が入ってきた。「済みません。ここは犬はご遠慮願っているんですが」と言うと書いてないとの返事で、不満そうだったが引き返した。
立て看板は見難い。真ん中に置けるカラーコーンに巻き付けた注意書きは、活動期以外にこそ必要だ。

今年はヒガンバナの最盛期は少し過ぎた感じです。
フジバカマの頭花は5個の小花が入り、花柱は2裂して飛び出る。
レタスやサラダナもアキノノゲシ属で、小花はすべて舌状花。
アカネはつる性の多年草で茎には下向きの刺がある。
ヒメアカタテハはヨモギなどのキク科が食草。秋に個体数が増える。
スズメウリの果実は熟すと灰白色になり、ムーンストーンの輝き。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター