NPO法人華齢なるケアマネたち
                             

第151回:介護者支援を考える〜在宅介護スコアの紹介〜

◆第151回 9月の勉強会

・開催日:平成27年9月12日(土)
      9:30〜12:00
・場 所:浦和コミュニティーセンター   
      第6集会室
・ファシリテーター:黒川ケアマネ
・参加者:23名
・プログラム
 一部:9:30〜10:00
     情報交換タイムなど
 二部:10:00〜12:00
  テーマ:
  「介護者支援を考える」〜在宅介護スコアの紹介〜

★狙い
|楼菠餝腑吋▲轡好謄爐旅獣曚妨け、高齢者が住み慣れた地域で生活を継続できるよう支援するため、介護者の位置づけと支援の考え方を改めて整理する。
⊃轡レンジプランでも七つの柱の中に『認知症の人やその家族などの視点の重視』、介護者支援』が取り入れられた。介護者もより良く生きていけるような環境整備が必要でケアマネもその支援の担い手になることが求められているため、この機会に勉強したい。

★結果
冒頭の『介護者の状況』は思いのほか多様な答えが出てきました。それだけ、介護者の状況は様々で支援も画一的にはできないことがわかりました。後半は介護者支援に焦点を当てた事例検討でしたが、選定がなかなか難しかったようです。在宅介護スコアについて紹介のみに留まりましたが、実際の事例に用いてみたいですね。



≪振り返り≫  
Aさん: 介護者に対してきちんと考えたことが無かったのでいい機会になった。 
Bさん:入所の目安に『在宅介護スコア』が使える。  
Cさん:介護者のパターンが多様なことに気づいた。      
Dさん:介護者のアセスメントが必要。  
Eさん:介護者に視点を置くと支援に広がりが出る。     
Fさん:相談があった際、スコアを使い、理論的に説明したい。
Gさん:入所の目安に『在宅介護スコア』が使える。                 
【9月の本の紹介】 
         担当:小峰

書籍名:『だいじょうぶ!
          依存症』
著 者:高部知子著 
出版社:現代書館 
【暑気払い:8/8】
1年1回は勉強会はお休みにしています。今年の暑気払いでは、参加者一人ひとりの『夢』を語りあいました。仕事や趣味、家族など・・・・。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター