NPO法人華齢なるケアマネたち
                             

第150回:高齢者の”食”を考える」あなたのケアプランに”食”は入っていますか?

◆第150回 7月の勉強会

・開催日:平成27年7月11日(土)
      9:30〜12:00
・場 所:浦和コミュニティーセンター   
      第6集会室
・ファシリテーター:大神ケアマネ
・参加者:25名
・プログラム
 一部:9:30〜10:00
     情報交換タイムなど
 二部:10:00〜12:00
  テーマ:
  「高齢者の食を考える」
〜あなたのケアプランに食は入っていますか〜

★狙い
 生きていく上で‘食べる事’は1番大切なことであるにもかかわらず、ご利用者の‘食’についてきちんと考え,それをケアプランに組み込めているでしょうか?
まず,自分自身の‘食’について見直し考えいる事で、気づきや課題が見えてくることを目指したい。
 

★結果
 普段,お腹がいっぱいになればよいと思って食べている食事も,栄養を考えてバランスよく食べている食事も「食」としては同じ1食です.でも,食の質を考えて食べることが,高齢者にとって(もちろん私たちにとっても)生活の質を上げ,健康をはぐくむことに直結していることを改めて感じました。
おいしい食事で幸せな生活を築きましょう!!


【振り返り】
Aさん:食生活見直す機会になった。低栄養に気を付けたい。
Bさん:利用者への食生活に関するアセスメントをもっと深めたい。 
Cさん:予防の視点を取り入れたい。
Dさん:一人ひとりの食生活についてもっと考えてみたい。
Eさん:世代間の差がある事を再確認。『楽しみ』が必要である。
Fさん:食生活は意識で変えられるとわかった。利用者にも助言したい。
Gさん:財産管理だけでなく食生活を気にしたい。 
Fさん:訪問栄養指導の実施事業所を知ることができて良かった。 等々
【ファシリテーターの振り返り】
『食事』は大切で家族関係がうまくいかないと食事もダメになる。子供の食育も大切である。
作る人が居て食べる人が居る。独居になると食べてくれる人がいなくなり食生活が乱れる事もある。
今後,生活環境にも留意しながら利用者支援を行いたい・・・と参加者の言葉が心に残る勉強会となりました。
【10月勉強会のお知らせ】 
        担当:宝井
・10月10日(土)  
   「大人の社会科見学」
・亀田総合病院を訪ねよう
            
    

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター