田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

雨に濡れたナンバンギセルはうつむき加減です

9月8日は白露。普通なら爽やかな秋の入り口だが、9日にも台風18号が東海近畿に上陸し、雨続きの関東も10日まで雨模様の2015年だ。
完全武装でサクラソウ自生地に出かけたが、雨は降り止まず時折大粒になった。

A区ではセンニンソウとツルフジバカマがコラボしてツユクサも多くの花を咲かせていた。自生地内でもこれらに加えキンミズヒキ、ツルマメ、ヤブツルアズキやアレチヌスビトハギそしてママコノシリヌグイなどが小さな花を咲かせていた。

花が大きいキクイモは雨ですっかり萎れていた。突然の人間にビックリしてコミスジ、ツマグロヒョウモンが姿を現した。

サクラソウ自生地を守るために周囲に作られた桜草公園だが、お役所の管轄が違い、弊害が色々見られる。その一つが境界だが、柵と歩道の間が今年は作業員さんたちの努力できれいに除草された。周囲がきれいになると手入れが行き届いている印象になるのは本当に嬉しい。

ナンバンギセルは葉腋から15〜20僂硫嵎舛鯆称し約3僂硫峇Г魏8きにつける。柱頭は黄色い毛を密生し大きい。萼は黄褐色の舟形で下側が深く裂け、淡紅紫色の筋が入る。万葉集にも思い草の名で一首詠まれている。

柵が境界か、歩道の端が境界かお互い触らぬ神に祟りなしできたようだ。
今、サクラソウ自生地全域で花を咲かせているツルフジバカマとセンニンソウ。
自生地を守る会のテントを張る隣にヒガンバナが咲き始めた。
特に鴨川べりはキンミズヒキが繁茂している。円内は花のアップ。
フウロソウ科のゲンノショウコが一部で見られる。別名ミコシグサは果実の付き方から。
ヒユ科のヒナタイノコズチも多く見られる。円内は花のアップ。
小さな蝶形花をいっぱいに付け多くの豆果をつけるツルマメ。
左に片寄って花を咲かせるヤブツルアズキ。左右相称が多い蝶形花にしては珍しい。
1940年に大阪で発見された北アメリカ東南部原産のアレチヌスビトハギ。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター