民話の会どんとはれ
                               

ガンバッテいるな〜いきがい大学伊奈学園OBクラブ!

日時:平成27年8月7日(金)11:00〜11:30
場所:桶川市川田谷、三田原会館で開催の「三田原サロン」
訪問者:2名
聞く人:児童26名、大人10名+世話人5名

 いきがい大学伊奈学園で同じクラスの“べに花饅頭屋さん”から依頼があり、出演した。荒川土手に近い氷川神社の境内に三田原会館があり、きょうは七夕ということで、子供たちは早朝から短冊に願いごとを書いて竹の枝に結んだ。出来上がった七夕飾りが、境内に立ててあった。
 11時からの演芸会では、最初に<民話の会どんとはれ>が出て「なぞなぞ」と「昔話」2題を語った。次は爺さま二人の「マジック」で見事な演技であったが、出し物が「彩央会一芸一座」の“サギー日高さん”と似ていた。終わってから聞いてみたら、伊奈学園22期の<マジッククラブ>で一緒に活動しているとのことであった。伊奈学園OBのクラブは、がんばっているな〜。 ↓ 「なぞなぞ」の一場面
       


 
   

演芸会の1番は「民話の会どんとはれ」で、二人が出演
「なぞなぞ」で子どもの関心を引き付ける。6問中5問は即座に正解が出たが、1問は引っ掛け問題で学童には難しく、最後列のお爺さんが正解で、貫録を示した。
間中喜久枝:
民話「三角稲荷のきつねむかし」
会場風景
熊谷康夫:民話「旅人馬」
おまけに「手遊び」をして、おしまいとなった。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター