さいたま市民ネットワーク (NPO法人)
                         

さいたま台湾ニュースができました

 皇居外堀通りが爽やかな潤いに満ちた梅雨空の7月3日、NPO法人さいたま市民ネットワークの“国際協力の活動分野”であるさいたま市民臺灣友好協會メンバー14名は、6月にオープンした台湾文化センターを公式表敬訪問しました。
 開設間もないピッカピカのセンターでは、臺北駐日經濟文化代表處顧問で同センター長の朱文清先生が満面の笑顔でメンバーを迎えて下さいました。
 朱文清センター長様による歓迎のごあいさつは、日本と台湾との歴史的友好関係を多種多様なエピソードをあげて熱意を込めて説明して下さり、参加者一同深く感銘致しました。
          (事務局長 水野臣次)

■センターの設立意義
 同センターは「台日文化交流のプラットホームとして、台湾の芸術や文化関連の団体およびその内容を広く紹介し、また映像・音楽・出版・文化の各団体、美術館、博物館等による台日交流や協力など広範な活動を行い、文化交流を通じて台日関係がより一層緊密になることを目的に開所。センターの名前は台北でなく敢えて台湾の名を冠することにした。」と言う。
■朱文清センター長のエピソード
センター長は、1983年より足掛け21年日本に駐在、その多くは広報を担当し、日台両国の報道機関とのパイプ役も勤めたなかで、当時の産經新聞社長との交友を感慨深く語られました。
 そして「日本の統治時代は不正が無く正義に満ちていたの で、日本人を不正の無い国民性と今でも敬意を払い親近感があ ります。」と言及、さらに「近年では、1999年の台湾中部大地震で、日本の救援隊がいち早く駆け付け、生死を分ける72時間以内の捜索を敢行、阪神淡路大震災を経験した神戸市助役がその 対応策を全て指導に当たって下さったことが、台湾の国民の胸 を打ちました。」と謝意が述べられ、懇談はお互いに旧知の間 柄のようなムードの中で、一時間以上に及びました。
 最後に日台両国国旗を掲げて記念写真を撮り、さいたま市民 ネットワークとの今後の交流が揺るぎないことを確認しあい、公式訪問は成功裏に終えることが出来ました。      (文責 西森勢)
■さいたま市から台湾文化センターへは、
高崎線・宇都宮線の
上野東京ラインで
新橋駅まで
約30分!
新橋駅から外堀通り
徒歩10分の至近
いつでも気軽に行けます!

■台湾文化センター
〒105-0001 
東京都港区虎ノ門1-1-12 虎ノ門ビル2階
TEL:03-6206-6180
FAX:03-6206-6190
Email:moctokyo@gmail.com
くわしくはホームページを
http://jp.taiwan.culture.tw/
■7.10金-9.12土
11:00-18:00 TOTOギャラリー 間
台湾宜蘭市街づくり展

■8.1 土-
台湾文化センター
新興閣掌中劇團台湾人形劇
*無料* 8.1土〜末
布袋戯三国志展示会
8.1土14:00 新興閣掌中劇団上演 西遊記より「紅孩児」 変面・獅子踊り・壺回し・皿回し他
8.2日12:30 対談(台湾布袋戯と日本の文化交流)鍾任壁老師・酒井隆夫
8.2日14:30 新興閣掌中劇団上演
8.3日14:00 新興閣掌中劇団上演

■8.14 金
15:30 恵比寿リキッドルーム  TAIWANDERFUL
台ワンダフル 台ワンダフル 2015 台湾Music✕Culture
聴いて!見て!食べて!キラキラの台湾を堪能できるイベント。

■7.28 火
19:00 ラカグ(神楽坂)
ひとと たえ一青妙講演会 「新スタイルの台湾旅『環島(台ワン一周)』のススメ。
〜ぐるっと島一周で味わい尽くす台湾の美・食・遊〜。

■8.1土-2日
上野恩賜公園
噴水前 日本・台湾祭り
in上野 『台湾祭り』台湾グルメの販売、台湾物産品の販売、台湾マッサージ体感。台湾の民族踊り・獅子舞・歌謡ショー。この日、上野が台湾になる!

■8.27木-29金
幕張メッセ
国際展示場 ホームセンター
ショー2015 ホームセンターの台湾製品を日本国内で見られる数少ないチャンス。
台湾からは32企業が出店。

■9.26土-27日
東京ビッグサイト
ツーリズムEXPO
ジャパン2015 世界最大級 旅行の祭典。世界各国各地域の旅行展示。
ここを回るだけで世界旅行気分。最大規模の台湾コーナーは必見。
 台湾国籍で福岡県在住の作家、東山彰良(台湾名 王震辧砲気鵑小説「流」で第153回直木賞を受賞しました。
 台湾生まれの受賞者としては、故・邱永漢さんに続き二人目となります。
 東山さんは記者会見で「台湾は僕の国。この本がもし“中国”語に翻訳されることがあれば、これに勝る喜びはない」と語りました。

*2009年「路傍」で大藪春彦賞を受賞。
2011年 アニメ映画「劇場版 NARUTO−ナルト−ブラッド・プリズン」の脚本を担当。
 さいたま市民臺灣友好協會は、さいたま市初の台湾大好き市民による台日友好親善サークルです。
 本会では、台湾文化センターと提携して、台湾の観光・グルメ・芸能・カルチャーなど、いろいろな台湾を楽しんでいます。
 台湾好きの皆さんの、ご参加をお待ちしています!

saitama@beetle.ocn.ne.jp

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター