民話の会いなぼっち
                               

緑の田んぼが桜色に染まりました

日 時 2015.6.5(金)
場 所 ケアハウスおおるり
聞き手 26名
参加者 いなぼっち 2名
     マジッククラブ 1名
     オカリナクラブ桜草 9名
 
 おおるりの皆様とのお付き合いは、早いもので丸二年が立ちました。
今回は3グループのコラボです。まず、昔ばなしで、はじまり! はじまり!
 「お餅が食べたくて」二人の小僧さんが知恵を絞り、改名願いをし、和尚さんからお餅をせしめるという 愉快な「ふうふう ばたばた」という話。
二話は遠野に伝わる「五徳」の由来噺。語り手の手にした骨とう品の五徳に「懐かしい!。ヤカンのせてさ、憶えてるよ!。」たちまち、皆様、ふる里にタイムスリップです。
 そして、一枚のハンカチから、あらら!沢山の赤や黄色のお花が咲き始め、マジシャン杉浦氏の手さばきに全員だまされ?ました。
 フィナーレはお揃いの桜草色のTシャツ姿の(オカリナグループ・桜草)の演奏です。(当会いなぼっちの伊藤美佐子が参加しています)
懐かしい童謡・唱歌の8曲をオカリナの美しい響きにのせて、皆で元気に歌い、皆のほっぺも、おおるり前に広がる緑の田んぼも桜草色に染まりました。
 又来てくださいね、嬉しいお声に感謝です。お元気でお逢いしましょうね。
                          (記 奥山 久子)

 
   

司会者杉浦さんといなぼっちの
皆さん
 これからはじまり〜はじまり!
奥山久子 
   「ふうふう・ぱたぱた」

 ふうふうと言う名前、ぱたぱたと言う名前、 なんでえ! 変な名前
次郎丸寿子 「五徳の話」

 五徳って足が5本だから五徳って言うんでしょう。なんで足が足りないの・・・
昔使われていた五徳の説明
 足は3本です
杉浦本信 マジック
 青いハンカチから赤い花が咲きました。
オカリナクラブ桜草の皆さん

 観客の皆さんと高校三年生、水色の人、浜千鳥、故郷等大きな声で合唱しました。
口演が終わってホッと
 今日は皆で杉浦さんから手品を教えてもらいました。チラシをバラバラに切って、ハイ元通り
ねえどうやったらいいのぉ

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター