NPO法人華齢なるケアマネたち
                             

第149回:薬剤師から見たケアマネとの医療連携        〜現場の事例から考える「あなたが担当者ならどうしますか?〜

◆第149回 6月の勉強会

・開催日:平成27年6月13日(土)
      9:30〜12:00
・場 所:浦和コミュニティーセンター   
      第6集会室
・ファシリテーター:浅見ケアマネ
・参加者:21名
・プログラム
 一部:9:30〜10:00
     情報交換タイムなど
 二部:10:00〜12:00
  テーマ:
  「薬剤師から見たケアマネとの医療連携」〜現場の事例から考える〜「あなたが担当者ならどうしますか?

★狙い
超高齢化社会を迎え、担当するご利用者の中には様々な疾患を抱え多くの薬剤を服用している方が多くいます。しかしながら服用コンプライアンスの悪い方が多く、医師の指示通りに服用出来ない事で治療効果の上がらない事例も多く見受けられます。地域包括システムの枠組みの中で『介護と医療の連携』がうたわれていますが現場では本当に連携が取れているのでしょうか?連携できていないとすれば何が原因でどのようにすればご利用者にとって1番望ましい方法を目指す。

★結果
こんなこと薬局に聞いていいの?頼んでいいの?と色々考えてしまうこともあるかと思うが、ご利用者の居住地の地域の薬局と連携をとっておくといざという時に薬や医療材料など様々な相談が出来ます。まずはご利用者のかかりつけ薬局に声をかける事から始めてみることを学びました。



【振り返り】
Aさん:「薬局との連携がとれていない事例が多いと実感」
Bさん:「知らない事が多かった。まずは薬局探しから始めたい」
Cさん:「今後薬局と情報の共有を図りたい」
Dさん:「かかりつけ薬局を持つ事が大切と感じた」   等々
【7月の本の紹介】 
         担当:浅見

書籍名:栄養データはこう読む!
著  者:佐々木 敏
出版社:女子栄養大学出版部
【8月勉強会はお休みです】

≪暑気払いのお知らせ≫
   担当:石川・森
・8月8日(土)18:00〜20:00
 ワシントンホテル2F
    浦和駅西口
・会費:\2,000 

 皆様の参加お待ちしています!(^^)!

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター