風景写真の真髄に迫る人をお誘いする研究会・片柳フォーカス
                           

錦秋 裏磐梯“秘境池”を探索・撮影会を開催しました。

地元ごく1部の人が、 山菜取りに入る、獣道進む事20分位、二股を
右の所を、左にそれた事に気づき、同行者をその場に足止め、右方向
の〔ばや池〕を探す事10分位で発見、同行者を大声で呼び寄せる。
前回の撮影から今回まで6年間の間があり、池周辺の木立が大きく
なり撮影ポイントを探すが大変。年老いたレイディに三脚は落ち葉の
堆積で水面のごとく「プカプカ」浮いている感じがする事を注意。
いざ 撮影準備・水面が落ち葉で覆いつくし磐梯山が水映りしない
のにがっくりする。帰りは良く整備された、散策道があるのに疑問に
思えながら進む、出た所は駐車場のすぐ近くで安堵した。
 ※最近「案内板」と散策道の「新設」行ったようです。

 
   


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター