さいたま市民ネットワーク (NPO法人)
                         

★市民ネット総会を爽快に開きました( ^o^ )

◆爽快な皐月晴れの5月23日、南区別所の当ネット推奨店である中華料理「絆」で、平成27年度さいたま市民ネットワークの定期総会が賑やかに開催されました。

◆全ての議案が満場一致で可決されたあと、第5回総会記念講演(裏面ご参照)と交流パーティーが、各種友好団体メンバーや地元市民の皆様・衆参両院 市議会議員を交えて約40名の参加者で盛大に開かれ、各界で活躍する人々の友情を温めました。

◆今年度の市民ネットは、本市PRキャラクターのヌゥによる街づくりをテーマにして、国際交流・伝統文化による青少年の健全育成・女子野球チームの応援・ICTによる高齢者福祉の増進などを勢いをつけて楽しく進めてまいります。

◆市民ネットの活躍にご期待下さい!

◆総会のお楽しみ、記念講演は理事で、さいたま市民ラオス友好協会(国際協力の活動部門)の西森勢筆頭参与による、「ぶらりラオスの旅」。大型モニターを使ってのレポートは迫力満点。

◆今年は、日本とラオス人民民主共和国との国交60周年と、本市との水道事業技術協力23周年の佳節。これを記念して西森理事は、中国武漢大学留学時代のクラスメイトである旧友を訪ねてプルメリアの花咲き、黄金仏塔が輝くビエンチャンを旅行。

◆西森理事は、トンシン首相の秘書になっていた学友の案内で、本市水道局との技術協力で建設されたチナイモ浄水場を視察し、さいたま市とラオスとの固い絆を再認識しました。

◆ビエンチャンの街も、観光コースを離れての突撃レポ。誰も知らなかった親日・親さいたま国ラオスの最新実情が発表され、聴講者はラオスの魅力に心を打たれました。


◆詳しくは「さいたまラオスでニュース」で発表します。
◆総会後の交流パーティーでは、当会の「国づくり・まちづくりパートナー」として、
元浦和区自治連合会長・
緑の回廊まちづくりを推進する会会長で当会相談役の
小原茂様、

行田邦子 参議院議員、

村井英樹 衆議院議員、

小柳嘉文 市議会議員は、

それぞれ、「市民ネットのみなさまと手を取り合って、日本とさいたま市を良くしていきたい」と連帯の挨拶をしてくださいました。
◆公務により会場に参加できなかった
清水勇人さいたま市長、

谷中信人市議会議員、

古川俊治参議院議員、

関口昌一参議院議員は、

それぞれ当会の「日頃よりの市政発展への尽力」と「国際協力」に感謝の意を述べられ、「当会の更なる発展を祈る」旨、力強いメッセージを寄せていただきました。
◆27年度 活動プラン

‘本・ラオス国交60周年、本市水道技術協力23周年記念事業の開催

寄席・演芸鑑賞会の実施、日本舞踊による青少年の健全育成の推進

エスカレーター歩行禁止キャンペーンの実施

ぅ魅イ砲茲覲垢こし事業(ヌゥ自販機の普及)の推進

ス餡餮学バスツアー、成田山新勝寺初詣バスツアーの実施

Α屮僖船鵐嚇硬規制条例」制定推進

日本女子プロ野球リーグ「埼玉アストライア」の応援

南区ふるさとふれあいフェア(11/1)への参加

ICTによるシルバー世代の活性化推進

アマチュア無線の活用による防災活動と人間交流

ほか、街おこしに関する多彩な活動
◆さいたま市民ネットワークは平成23年に、さいたま市誕生10周年を記念して、「住んで良かったさいたま市と誰もが思える街」をめざして結成された、街おこしの特定非営利活動法人(NPO)です。
理事長は、さいたま市老人クラブ連合会副会長/浦和区老人クラブ連合会長/岸町商店街会長の
後藤勉です。

◆国際協力から、文化・スポーツ・芸能まで、あらゆる分野を通じて街おこし活動を展開しています。

◇第1回総会(設立総会)
2011.9.11 浦和コミセン

◇第2回総会
2012.6.11 中華料理「絆」

◇第3回総会
2013.6.29 中華料理「絆」

◇第4回総会
2014.6.18 パルコ「やおまん」
総会記念講演会と懇親会には、多種多彩な人々が参加されました。

各級政治家、
さいたま市と埼玉県の職員、
芸術家、
自治会関係者、
ICT関係者、
教育関係者、
服飾デザイナー、
作詞家、
評論家、
日本で活躍する
中国人・アメリカ人など、
会場には街おこし・国おこしの人材山脈が出来上がりました。

【ご報告】
さいたま市民ネットワーク
事務局長 水野臣次

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター