田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

立夏のサクラソウ自生地は乾燥し切っていました

2015年5月6日の立夏は文字どおりの夏の訪れで、午前中は暖かい陽光がいっぱいに降り注いだ。
自生地ではオギが腰以上に伸びサクラソウなどの小さな花を覆い尽くしている。オオヨシキリの絶え間無い囀りが聞こえまさに夏の雰囲気だ。

レンリソウは蕾もあるが枯れている花も多い。時期的なものより乾燥が原因のような気がする。第1自生地にはサクラソウの花がほとんど見られないのも乾燥が大きく作用していそうだ。あれほど隆盛を誇ったノウルシも至る所で黄葉し枯れ始めている。

そんな中でチョウジソウが多く固まって花を咲かせ、ハナウドは心配になるほどB区で増えていた。
エキサイゼリは今年は見られないかと思ったが、オギの間で小さな花を咲かせ、実もつけていた。

お菊虫が2つとも羽化していた。素早く飛んでいる黒いオスが2匹、草むらすれすれを飛んでいるメスも見られたし、ウマノスズクサの葉裏に卵がもう1つ産み付けられていた。

絶滅危惧A類(CR)のトダスゲ。自生地一番の希少種の果胞が膨らんで別名のアワスゲに近い。
準絶滅危惧(NT)のエキサイゼリ。日本固有の一属一種で関東の湿地に生育する。
準絶滅危惧(NT)のチョウジソウ。キョウチクトウ科の多年草。花がフトモモ科のチョウジに似る。
花が枯れても普通は色が残るが、乾燥化の影響で枯れ色になっているサクラソウ。
マメ科のレンリソウ。連理は男女の深い契りの例えで、小葉がきれいに対生している事から。
今、自生地の至る所でつるを伸ばし始めているセンニンソウ。属名のクレマチスが一般的。
乾燥してひび割れている観察路。天然記念物指定の時にも表面だけは乾燥していたようだが。
上手く胴体の所から羽化しているが、下を向いていたのは頭から出ていた。ジャコウアゲハの蛹。
自生地では今や邪魔者のスイバは雌雄異株。赤い雌しべで花粉を集める風媒花の雌花。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター