民話の会いなぼっち
                               

さくら満開に!雪に寒さ震える!

日 時 2015.4.7(火)
場 所 中尾児童クラブ
聞き手 11名
参加者 3名
 
 春休みの最後の日、小学校の1年生?明日から2年生以上の低学年の10名は、大変にお行儀が良い子供達でありました。
 ひろいものは何かな?でくすくす笑い、亀の甲羅模様の出来たことに関心して、最後に紙芝居を2題楽しみました。
手土産として、毛糸の手品を皆で実演してならい、おかあさん・いもうと・にいさんにと、果たして自宅で出来たでしょうか。
                          (記 熊谷 初雄)


熊谷初雄 「ひろいもの}

探しものは何ですか見つけにくいものですかカバンの中もつくえの中も・・・いやいや、違う・ちゃう、 ひろいものは何ですか?。
仙澤昌子 「空を飛んだ亀」

え〜っ、そりゃあ、本当かい?
それは嬉しいなあ。
でも、おいらは、空を飛べねえよ
岩崎敏夫 紙芝居
    「たべられたやまんば」
    「かにむかし」

がんちゃん、独特の名節回し・・よ〜っ。
子供たちも体を乗り出して、興味深そうですね・・・。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター