民話の会いなぼっち
                               

鴻沼川の桜の開花です

日 時 2015.3.24(火)
場 所 通所リハビリテーションなごみ
聞き手 32名
参加者 3名

 昨晩は東京タワーが一日限定のピンク色にライトアップされたそうです。
「通所リハビリテーションなごみ」の横を流れる鴻沼川の桜並木も数輪の花が咲き始めました いよいよ春到来ですね。
 始めの語りは、役立たずの寝太郎が”うんだぁ〜町さ行ってくんけんの〜”と小田原提灯をもって天狗のまねをするはなし、そして9千年の間後家さんになるのがいやで夫婦になるのを断られたツルのはなし、三話目に頭に柿の木が生えてしまった三太郎の話をかたり終えてから・・・何処か変なところがありますかね〜っ・・の質問に、いいや、変なところはなんもないよ・・・との返事を頂き大いに納得。
利用者さんとの楽しいやり取りです。
 最後はオカリナ演奏で”春の小川”を3番まで歌い皆さんとっても楽しそうでした。
又来てくださいね、又お逢いしましょうと嬉しい声を聞きながら施設を後にしました。

(記 伊藤 豊一)

南与野の駅から10分位のこの施設訪問は2回目、今回も沢山の利用者さん達が待っていてくれました、こんにちは・・またおじゃましま〜す。
高井竹子 「三年寝太郎」

お〜きな船を造らせて、たくさん沢山の新しい草鞋を積んで・・・・佐渡へ佐渡へ〜っと
さあ・・・出航で〜す。
伊藤豊一 「頭に柿の木」

雁の捕まえ方は失敗したようですね・・・・・でも
鯛や鯖そして鯨の捕まえ方は大丈夫、 んで、詳細は・・・・・。
熊谷初雄 「つるかめ」

お互いに相思相愛でも、うまくいかない時もあるんですね、
でも・・・生まれ変わったら?
う〜ん、やっぱり無理でしょうか?
手遊び歌

 手遊び、手体操、合唱、雑談等々・・・民話語りの合間に利用者さんと触れ合える大切な時間ですね
皆さん一生懸命やってくれます
そして笑顔が、とっても素敵でした。
高井さんお得意のオカリナの演奏でみなさんと大きな声で合唱です
はい、
はあるのおがわわ、さらさらいくよ〜っ きいしのすみれや・・・。
通所リハビリテーションなごみの横を流れる鴻沼川の桜が,ようやっと数輪咲き始めました、もうちょっとだけ待ってくださいね、川を覆う素晴らしい花のトンネルがお目見えしますから・・・。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター