民話の会どんとはれ
                               

初代会長(故人)手作りの電動紙芝居が復活して動いた!

日 時:平成27年4月3日(金)13:00〜14:00
訪問先:さいたま市、中尾学童クラブ
訪問者:3名
聞き手:1年生4人と2年から6年生まで合計12人+指導員

  子供たちの「こんにちは」という元気な声に迎えられた。先に到着していた人があらかた準備をしてくれていたので1時チョット前に、待ちきれない子供たちにせかされるように開演した。
  今では遺品となってしまった初代会長手作りの電動紙芝居で、「ショジョ寺のたぬきばやし」を演じた。途中でストップする場面もあったが、どうにか最後まで動いてくれて終わることが出来たので、一安心した。    ↓ 下の写真をご覧ください。


 
   

的場政幸:
民話「にわとりはなぜ鳴くの」
鶴田正枝:
歌と体操「手の平に太陽を」
鶴田正枝:パネルシアター
「おむすびころりん」
星野スエ子:
紙芝居「カッパと天狗と雷どん」
全員で:
遊び「ブンブンごま廻し」
時間があったので、的場さんが用意してくれた「ブンブン独楽」作りをしたが、器用な子はすぐに回して得意になっていた。そのうちに全員が回すことができたので、めでたしめでたし。サヨウナラ

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター