田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

今年の見ごろは4月第2週くらいと思います

4月下旬並みの気温と好天に恵まれた2015年3月30日は月曜日にも拘わらず多くの人で賑わいました。
桜草公園の桜は夕方には5〜6分咲きになり、見ごろを迎えています。

サクラソウ自生地は生育の早いノウルシがそろそろ盛りを迎え始め、遠目には萌黄色の世界が広がっています。桜草も一生懸命頑張っていますが、元々高さが低い上に成長も遅いのでまだチラホラです。でも多くの蕾をつけた可憐な花が全域で見られます。白いユリ科のアマナはそろそろ終わりかけていますが、ヒキノカサやミツバツチグリの黄色い花が咲き始めています。

毎日増えているので、今年は来週の4月第2週くらいが見ごろになりそうです。
サクラソウの花としては第3週の方が花も大きくなり見頃を迎えますが、今年は全てが早いので、この頃になると、ノウルシやスイバ、オギなども伸びてサクラソウが隠されてしまう自生地独特の悩みがあります。

自生地を守る会は3月27日〜4月26日まで現地で活動しています。
開花状況の速報は「フグさんの雑記帳」でもお知らせしています。

特別天然記念物の石碑近くからさくらそう水門方面を望む。
サクラソウは多くの蕾を付けて次々と咲き継いでいきます。
サクラソウのかたまりはこれからどんどん増えていきます。
ヒキノカサは絶滅危惧粁(VU)で埼玉県ではより希少種です。
バス停から降りてきた所、特別天然記念物の石碑の前のテント。ご希望の方たちにご案内をしています。
バラ科のミツバツチグリは西日本に多いツチグリに似て3小葉な事から。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター