民話の会いなぼっち
                               

口笛演奏ありがとう

日 時 2015.2.26(木)
場 所 リハビリDO
聞き手 18名
参加者 3名

 雨の降る中、お馴染になったリハビリDOの訪問です。もう20回を越えているのですが、いつも初めてのような気持ちで語る事ができるのは利用者さんとの出会いが楽しみだからなのでしょうか。
今日は検見の役人が帰るまで実のならない稲のはなしから始まりました。続いて家が栄えると云われている座敷わらしの話、 そして鏡を知らないお百姓さん夫婦と
尼さんの話、合間あいまに利用者さんとの雑談を交えながらの楽しい語りです。
つづいて特別出演の河田さんのウクレレによるお誕生日おめでとう、こうじさ〜んの演奏から「春の小川」「青い山脈」と合唱が続き、「上を向いて歩こう」では間奏に利用者さんの口笛演奏が入りました。すてきな口笛演奏ありがとうございます。
(記 伊藤 豊一)

奥山久子 「きつね女房」
うんだぁ〜を嫁にしておくんなって・・・貧乏でもいいけん
と、絶妙な甲州弁でかたりかけてくる”きつね女房”・・夫婦・親子の情を悲しくも・・・・・。
次郎丸寿子 「ざしきわらし」
 長者様の云うこと聞かねえで、キノコ汁をみんなで うんめ〜っ うんめ〜えっ ・・って食べたが・・・大変なことに
遠野に語り継がれている有名なおはなしです。
伊藤豊一 「尼の仲裁」
 店先に置いてあったピッカ、ピッカと光る不思議なものの中に居ったのは・・・おとっつあん・・持ち帰って大切に大切に納っておったと・・・。
ウクレレで合唱
 春の小川を演奏する河田さん
素敵なおしゃべりを交えての合唱です、
皆さん一緒に大きな声を出して歌うのは一番楽しい時間かも知れませんね。

スタッフの松井さんにお手伝い頂いて 坂本九ちゃんを思い出す「上を向いて歩こう」の合唱です
ここの間奏で利用者さんの口笛が入りました 嬉しいですね。
う〜さ〜ぎ お〜いし〜
かぁの〜っ や〜ま〜ぁ〜
こぉぶな つ〜りし〜
かぁ〜の かぁわぁ〜〜・・っと、
・・・うん、むかしはよかったずもなぁ〜。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター