民話の会いなぼっち
                               

民話とマジックの共演は

日 時 2015.2.6(金)
場 所 ケアハウスおおるり
聞き手 21名
参加者 いなぼっち   3名  
    伊奈マジッククラブ 3名
  
 昨日の天気予報によれば、明日のおおるりのボランティアは、雪できっと電車が不通になるのでは、そんな私の心配も何処へやら、晴天に恵まれ施設の周りの広々とした冬の田園の素晴らしい景色に巡り会い、幼いころ、生まれ育った故郷の景色と重ね合わせている自分に気づかされました。
今日も皆様と一緒に、楽しい時間をすごさせていただきま〜す。有難う御座います。
鶴と亀・・鶴は千年、亀は万年、生きると言われている。
お互い一生添い遂げることは無理、無理です。亀は、後の9000年どう生きる・???
一生懸命、聞いてくれる人達の顔・・・・・嬉しいです。私達は元気を戴いてきました。有難う。ケアハウスの皆様
                        
        (記 仙澤 昌子)

仙澤昌子 「三枚のお札」

 山には怖い山姥が住んでいると言う。和尚さんから行ってはいけないと言われてたけど・・・
美味しい栗が食べたくて食べたくて・・・
岩崎敏夫 紙芝居
   「おだんごころころ」

 お団子がころころ転がり落ちて
追いかけていったら鬼に捕まってしまったお婆さん。
さあ、どうやって鬼からにげだすんだろう・・・
伊奈マジッククラブ

 紐を使ったりハンカチを使ったり、いつも見事なマジックです。
 

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター