NPO法人華齢なるケアマネたち
                             

第144回 交流会 「平成26年を振り返って 次につなげるヒントを見つけよう   

◆1月の勉強会

・開催日:平成27年1月10日(土)
      9:30〜12:00
・場 所:浦和コミュニティーセンター   
      第6集会室
・ファシリテーター:壺内ケアマネ
・参加者:22名
・プログラム
 一部:9:30〜10:00
     情報交換タイムなど
 二部:10:00〜12:00
  テーマ:
  平成26年を振り返って
   次につなげるヒントを見つけよう   

★狙い
年頭にあたり、今年はどんな1年にしようかと計画を立てる。具体的には去年1年間の仕事の振り返りをを通し一文字で自分の「課題」を挙げ、次にその課題を踏まえ次年度の自分の「願い」を表わす。そのプロセスから自分が何をすべきかのヒントをそれぞれが探しステップアップにつなげることを目指した。

★結果
参加者一人ひとりが今年の課題を踏まえ、次年度はどうありたいか(目標)見出せたようです。皆、一年のスタートを明るく迎えることができました。

【振り返り≒自分の売り】 
 
Aさん: 久しぶりに参加。また頑張ろうと思えた。  
Bさん: 自分の目標やここへ来る目標が確認できた。  
Cさん: 振り返ることができて良かった。‘今年の目標’が明確になった。  
Dさん: この勉強会は自分の原点でスタート地点である。  
Eさん: 1年早かった。勉強会は楽しい。リズム良く歩けるようにしたい。  
Fさん: 自分の目標は余裕をもって仕事したい。人前での発表が苦手なので克服したい。  
Gさん: 年初めに穏やかに歌えて良かった。
【ファシリテーターから一言】
皆さんとともに原点に返り、新しい気持ちで仕事に向き合う足がかりになったのではと思います。
今年1年のビジョンも少し見えてきたのではないでしょうか?
皆で歌を歌う、という時間も何だかほっこりして良かったですね。
気持ちも新たに、今年も1年宜しくお願いいたします。  
【本の紹介】 
        担当:田村

書籍名:「余計な一言」
著者  :斎藤 孝
出版社:新潮新書
 

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター