田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

春一番に咲くヒロハアマナが花開きました

朝は雲が多く風が冷たい2015年3月6日の啓蟄だったが、昼頃には薄日が射して次第に暖かくなった。去年の啓蟄はしばらく居たら身震いするほどの寒さだったが、今年は草花の生長も順調なようだ。

田島ケ原サクラソウ自生地で春一番に咲くヒロハアマナが花を開き始めていた。この花は晴天でないと開かないが、アチコチに白い蕾が紙吹雪を散らしたように見られた。

ヒロハアマナは10日か2週間くらいで一斉に花が無くなり、葉も初夏には消えてしまう典型的なスプリングエフェメラルで、環境省レッドリストの絶滅危惧II類(VU)。

俯瞰した自生地は緑の部分が見られるようになり、草花たちは確実に生長している。
何をもの思うのか、ノウルシの中でしばし立ち止まっていた冬鳥のツグミ。
去年はまだ黄色くなったノウルシは見られなかったが、今年はこんなに生長しています。
サクラソウはここではアマナに囲まれ、他ではノウルシの中で懸命に生長中。
鴨川で採餌中のダイサギ。どうやら小魚をゲットしたようです。
第2駐車場の片隅に今年もホトケノザの白花が咲いていました。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター