田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

雨上がりの自生地は暖かく晴れ渡りました

2015年2月19日の雨水は春節(旧暦中国の正月)の元旦と重なって、大挙ショッピングに押し寄せている中国人の買い物客の様子が報じられていた。

自生地は幾分ぬかるみ加減の所もあったが、気温は12℃くらいまで上がり、雪が雨に変わり氷が水に変わるという雨水そのものの暖かさで、昨日の雨を受けて全域で若芽を伸ばし始めていた。

やはりノウルシが勢力も成長も著しい。一番に花咲くアマナはまだ目立たない一本だけの葉をニョキニョキ立てている。ノカンゾウも明るい緑色の群落を作っている。メインのサクラソウはまだまだ小さく少ない。頑張れサクラソウ!のエールを送りたい。

左は早春の象徴のフキノトウ。 蕗の薹は葉に先立って伸びるフキの花茎。雌雄異株。

サクラソウの芽生えはしわが多く毛が多い。
ノウルシは赤い芽が多いが、早熟なのはもう緑の葉を広げようとしている。
花は初夏に咲くが、ノカンゾウの若葉はサッと茹でて酢味噌などで食べると美味しいという。
ノカラマツの若い芽は蝋細工のような紅色から次第に緑に変わる。
アマナの芽生えは地味な赤緑色が多く目立たないがよく見ると全域で観察される。
ジロボウエンゴサクはケシ科キケマン属の多年草。関東ではムラサキケマンの方が普通。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター