NPO法人華齢なるケアマネたち
                             

第143回 「自分の売りを持とう」    〜リフレクション技法を使って〜

◆12の勉強会

・開催日:平成26年12月13日(土)
      9:30〜12:00
・場 所:浦和コミュニティーセンター   
      第6集会室
・ファシリテーター:宝井・新井ケアマネ
・参加者:18名
・プログラム
 一部:9:30〜10:00
     情報交換タイムなど
 二部:10:00〜12:00
  テーマ:「自分の売りを持とう」
     〜リフレクション技法を使って〜

★狙い
私達対人援助職が成長するためには経験(事例)から学ぶことが大切です。
 『リフレクション』という技法を使って、”誰かに話す中で事例を鏡として向上しようという振り返り”と捉え、そのリフレクション技法を使って各々の売りを考えてみました。

★結果
「自分の売り」を見つめる機会となりました。一人ひとりが参加者の前で発表することで新たな自分を発見した人、自分の強みに気づいた人など、会場内は、今後前向きな気持ちで仕事に挑戦する雰囲気が漂いました。

【振り返り≒自分の売り】 
 
Aさん:すぐに連絡を取る姿勢
Bさん:あきらめない
Cさん:相手の話をよく聴く 
Dさん:情熱がある
Eさん;明るい
Fさん:待つことができる
Gさん:行動力がある 
Hさん:一歩引いて考える
Iさん:寄り添う気持ち
Jさん:順応性が高い
Kさん:ひきだしがいっぱいある
Lさん:専門職のネットワークがある 
Mさん:年をとっている 
Nさん:仕事が早い  等々  
【ファシリテーターから一言】

 初めてファシリを担当し、『リフレクション』の進め方について理解してもらえるよう努めた。 説明する難しさを感じたのと同時に『リフレクション』自体の奥深さも感じました。
今後、高齢者や家族、他職種へいかに分かりやすく話すか、というバネにしていきたいと思います。

【本の紹介】 
         担当:宝井

・書籍名:「いい覚悟でいきる」
・著 者:樋野 興夫
・出版社:小学館

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター