民話の会いなぼっち
                               

暖かな小春日和の風が吹く

日 時 2014.11.18(火)
場 所 あずみ苑北本
聞き手 28名
参加者 3名

 暖かな小春日和。北本の駅に着くと少し風が吹いていましたが風よけに入ると暑く感じられる午後、あずみ苑北本を訪問致しました。
 始めに、ねずみ経とくわんくわんを続けて語りましたが皆さん熱心に聴いていただき、うなずき、笑い声も聞こえました。
 ここで手遊びで少し気分を変えて体を動かし、リラックスした所で柿の木、頭の上に色々なものが出来て笑ったり、驚いたり。そのあとは皆で合唱しましたが皆さん大きな声でハッキリと歌って頂きました。
 時間が15分位ありましたので売り声で楽しんでいただきました。
帰りにまた来てくださいと握手をして頂き楽しい訪問をさせていただきました。
*手遊び「もも太郎」「納豆の唄」
*合唱、「紅葉」「里の秋」「ふるさと」オカリナ「高井」ピアニカ「岩崎」
*江戸の売り声
                          (記 岩崎 敏夫)


岩崎敏夫 「ねずみ経」
よかし よかし 入ってたもれ
   そのかわり ひとつお経をあげてくれろ・・・・って
んで、おんちょろちょろ おんちょろちょろ  チ〜〜ン
楽しいお経ですね〜っ。
高井竹子 「くわんくわん」
は〜い おらは食いませ〜ぬ
ぼたもちは黄金のほとけさまが
み〜んな食ってしまわれたで〜す
そっ、はじめは遠慮してたんですがねっ。
伊藤豊一 「あたまに柿の木」
あたまのうえで、いろ〜んなことが起こるんですね
木が生えたりキノコが生えたり
池になったり んで、タイやサバや・・・大きなくじらまで・・
こんなあたま、ひとつぐらいあっても良いかも・・いやいや。
オカリナとピアニカで合唱

 演奏が始まると、利用者の皆さんから自然と歌や手拍子が出てきました
次の「たきび」の歌になると
歌声も一段と大きくなり・・・。
 甘い辛いもお好みしだい
とんとんとんがらし〜、ぴりっと辛いは山椒の子・・・
がんちゃんお得意の物売りシリーズの次は、河内おとこ節に乗って踊る ひょっとこおどり
 利用者さんの何人かは、身ぶり手ぶりで一緒に踊りだしました。
笑顔がたくさん、笑いもたくさん
 いいですね〜っ 又お逢いしましょう。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター