NPO法人 岩槻まちづくり市民協議会
                             

レンタサイクルの社会実験

■事業趣旨
レンタサイクル事業は、交通の便が悪い岩槻に観光や商用での来訪者を対象に、社会実験として実施しました。岩槻駅周辺には、社寺仏閣、旨いもの、パワースポットなどが点在しており利便性向上も期待し、今後の地域のコミュニティサイクルを目指した社会実験でした。
■事業主体
この社会実験事業は、平成23年度さいたまマッチングファンド助成事業として行われ、岩槻まちづくり市民協議会が事業主体となり行政との協働で実施されました。
■事業概要
★事業期間:平成23年10月1日〜平成24年3月31日(社会実験期間)
★事業規模:レンタサイクル15台で開始し、社会実験後は独立採算事業の予定
★事業拠点:岩槻駅前に仮ステーションを設け、貸し出し、返却を行う
★利用料金:2時間以内200円、超過1時間につき100円
★そ の 他:事故、故障、救急連絡、保険などの対応、アンケート調査の実施
■実施結果
レンタサイクルの社会実験は、秋季から冬季にかけた期間で、実験期間として妥当であったか。実施結果は期待通りとは言えず、芳しい結果は得られず以後の展開に抑止がかかりました。このような社会実験は、ニーズ等の事前調査や事業規模を充分検討してから実施すべきで、反省点を残す結果になったように思います。

 
   

観光レンタサイクルは、岩槻区のシンボルカラー「やまぶき色」の自転車を15台用意。岩槻駅東口前に案内書を設けました。
いわつき探訪ジャンル(1)
社寺文化めぐりとして「岩槻市街地エリア」をまとめる。
いわつき探訪ジャンル(2)
元荒川辺「元荒川・第六天神社エリア」、自然環境「緑のトラストエリア」、俗西遊記「慈恩寺エリア」にまとめる。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター