ふるさと上谷沼 地域創造塾
                               

平成26年 9月 夕方〜夜の たんけん自然観察会

8月に引き続き、9月の自然観察会も、
『夕方〜夜の たんけん自然観察会』

今回は、はじめての参加メンバーも多く、また子供たちが多い賑やかな会になりました。

写真は、開始前の上谷沼調節池の様子です。
雨が気になる雲が出ており心配でしたが、なんとか解散までお天気が味方してくれました。

散策開始です。

歩いているだけで、虫の鳴き声が心地良い大人たち(前方)と、
鳴き声を元に虫を見つけては歩みが止まる子供たち(後方)とで、
自由に夜の上谷沼を楽しみます。
子供たちの手にかかると、簡単に虫を捕まえることができます。

この日は「ムシ博士」がいなかったので、正確な虫の名前が不明でしたが、
所謂「バッタ」がたくさんみつかりました。
オンブバッタは、手で捕まえても
おんぶの状態で離れないのが、
面白いですね。
刈り取った草が藁の布団のように積み重なった場所で、
ある虫がたくさんみつかりました。
ちょっと藁をめくると、カサコソ出てきます。
さて、何が見つかるのでしょう・・・?
答えは、大小様々のコオロギです!

適度な温度と湿り気とが丁度良いのでしょうか。
この写真は昼間に撮影したものですが、
調節池にはカリンの木が植えられている一画があります。

このカリンの木が、子供たちに人気のある昆虫の隠れ家なのだそうです。

※河川用地の為、無許可での耕作は禁止なのですが、不法耕作が現状です。。。
カリンの実に集まっていたのは、なんと、クワガタ。

カリンの木を揺すると、パラパラと下に落ちてくるのです。
多いときだと50匹くらい落ちてくるのだとか!

こちらはクワガタのオスです。

夏休みも終わりもう9月なのに、まだいるのですね〜。
すごい秘密基地を教わりました。

詳しい場所を知りたい方は、是非自然観察会に参加してくださいね。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター