民話の会いなぼっち
                               

さいたま市南区の元気な子供達

日 時 2014.8.11(月)
場 所 向ひまわり学童
聞き手 48名
参加者 5名

 真夏の照りつく様な暑さの午後、さいたま市南区の向ひまわり学童を訪問しました。
どんな子供たちが私達を迎えてくれるか? 内心 少し心弾ませて、・・・・・
シルバーバンクからの依頼で、私達なりに一生懸命与えられた時間を楽しんでいただこうと・・・
 3名の先生方と四十数名の生徒たち、どれだけ楽しんでいただけたかな?民話は如何でしたか?紙芝居は?もっと、もっと、君達を引き込んでいけるような題材を今度は持っていくからね。
                         (記 仙澤 昌子)

仙澤昌子 「三枚のお札」

 食いしん坊の小僧さんは鬼婆が出ると言う奥山に入ってしまった。帰る道が分からなくなってしまった小僧さんは・・・
熊谷初雄 「ももたろう」

 ♪♪「ももたろうさん、ももたろさん」おなじみの桃から生まれた桃太郎のお話しです。
伊藤豊一 「あたまに柿の木」

 頭の傷に柿の種が入り芽をだし柿の実がなり、きのこ、フナ、ドジョウ、最後はクジラが頭で泳いでいるんだって。嘘みたいなお話だねえ
色の違った2本の紐。あれあれ色が変わったよ
 想像力豊かな子供たちは紐が
イヤリングになったりブレスレット、小さなボール等色々なものに変化しているようでした。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター