民話の会いなぼっち
                               

にぎやかに 元気な子供達

場 所 与野児童センター
日 時 2014.7.29(火)
聞き手 70名
参加者 3めい
コラボ ハンドベル「しゃべる会」11名

 夏休みに入り暑い日が続く中、民話クラブと初コラボのハンドベル「しやべる会」の皆さんと与野児童センターを訪問しました。暑さにも負けず元気一杯の子供たち、親子さん、職員の皆さんが大勢で迎えて下さいました。
前半は民話、盗人をなおす医者(関西弁に)、桃太郎(語り部の準備万端の出で立ち《桃、きびだんご、刀、はちまき等》に)、また、おむすびころりん(まるや三角のおむすび、合唱有り)に興味を持ってくれました。      
 後半は「しゃべる会」のハンドベルの演奏、合唱、手遊びなどを取り交ぜてのエネルギッシュな一時を会場の皆さんと共有でき、楽しんで頂けたのではないかと思います。次回(冬休み)の訪問を約束して終了となりました。                  今回、コラボして下さったハンドベル「しゃべる会」の皆さま有難うございました。           
                         記(高井 竹子)

高井竹子 「盗人を治す医者」

幾つになっても親は子供のことが心配。それが盗人ならなおさらの事。どうすればいいのだろう・・・

熊谷初雄 「ももたろう」

 モモタロウさんモモタロウさん
おなじみの桃から生まれた桃太郎のお話しです。
伊藤美佐子
     「おむすびころりん」

 欲張り爺さんは欲を出して、一声猫の鳴きまねをした。そしたら・・・
しゃべる会の皆さん

 ハンドベルの演奏
手遊び歌

 しゃべる会の皆さんと”ふじの山”の手遊び

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター