チーム猫派
                               

団体名 チーム猫派
団体名 ふりがな ちーむにゃっぱ
団体キャッチコピー 私たちが動物たちのために出来ることは何か

代表者
氏名 大冨 みゆき
氏名 ふりがな おおとみ みゆき
 
住所  

団体連絡先
氏名 大冨 みゆき
氏名 ふりがな おおとみ みゆき
 
住所  
電話番号  
FAX番号  
E-mail team.nyappa@gmail.com
連絡可能時間 随時

基本情報
ホームページURL http://ameblo.jp/team-nyappa/
活動カテゴリー 防犯、防災、災害援助、自然、環境、生き物共生
活動開始年月 2013年4月
法人格の有無 なし
法人格取得年月  
主な活動エリア さいたま市全域
埼玉県全域
日本
主な活動場所・施設 アースデイ東京、ほおずき市、防災イベント(依頼のある自治会、マンション)、川越・戸田・さいたま市の野良猫現場、被災地の犬猫・牛シェルター
活動日 イベント開催時に合わせて都合を確認し集まる
活動頻度 1〜3ヶ月に1度
活動時間帯 イベントや捕獲現場の様子、シェルター運営時間に合わせて
会員の主な年齢層 20代 30代 40代 50代 60代
会員制度の有無 なし
入会金の有無 なし
会費の有無 なし
会報名  
市民へのアピール わたしたちは、2011年3月11日をきっかけに「どうぶつたちにために何が出来るか」行動を始めた個人の集まりです。
被災動物を保護している団体や地域猫活動の支援としてイベント出展や手芸小物など手作りの物販制作、ペットの防災対策やどうぶつの福祉の啓発を行っています。
活動内容紹介 主に自治会、マンションの防災イベントでペット防災についての展示と啓発をしています。
被災犬・猫・牛を保護している団体の都内・埼玉県内でのイベント支援/出展、TNR(野良猫を減らすために飼い主がいない猫の避妊去勢手術)活動の支援、食肉や毛皮にされるどうどうぶつの福祉向上に関するパネル展示、人とどうぶつの共存をテーマとした映画の上映会なども行っています。
手作り小物など物販の売り上げは、福島県内(福島市、いわき市、南相馬市、浪江町)・石巻市にある被災犬猫・牛シェルターへの寄付にしています。被災地には行けない、お金を寄付するには抵抗がある、趣味の作品が誰かの役に立ってほしい、そんな支援者さま達から手作り品の提供を受けることも多々あります。
物販はアースデイ東京やほおずき市の出店で販売もしています。
「自分に出来ること、得意なことを出来る範囲で参加する」をモットーにしています。
「今、あなたがどうぶつたちのために出来ることは、何ですか?」

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター