NPO法人コミュニケーションの学校
                                 

団体名 NPO法人コミュニケーションの学校
団体名 ふりがな えぬぴーおーほうじんこみゅにけーしょんのがっこう
団体キャッチコピー つながる、チカラを育む、動いてく。

代表者
氏名 菊地 瑞広
氏名 ふりがな きくち みずひろ
 
住所  

団体連絡先
氏名 中谷 藤士
氏名 ふりがな なかたに ふじと
 
住所  
電話番号 090-9447-4211
FAX番号 048-834-5530
E-mail nakatani@cschool.org
連絡可能時間 13:00〜20:00

基本情報
ホームページURL http://www016.upp.so-net.ne.jp/cschool/
活動カテゴリー 子育て、ファミリーサポート、就労支援、自立支援、ニート・ホームレス支援、生涯学習、社会教育、生きがい、文化、芸術、スポーツ、情報、先端技術、インターネット、学校教育、放課後児童対策
活動開始年月 2009年11月
法人格の有無 特定非営利活動法人
法人格取得年月 2012年3月
主な活動エリア 大宮区
浦和区
南区
主な活動場所・施設 コムナーレ、武蔵浦和コミュニティセンター
活動日 曜日の定めはありません。互いの都合の良い日を事前に連絡し、随時活動を行っています
活動頻度 活動はプロジェクト単位ですので、随時行っています。浦和地区では月2〜3となっています。
活動時間帯 時間に定めはありません。お互いの都合の良い時間に集まり活動しています。
会員の主な年齢層 20代 30代
会員制度の有無 あり
専門分野がある方、または追求したい分野をお持ちの方。 入会金は名刺代(100枚・デザイン費含む)とお考えください。
入会金の有無 あり 3,000円
会費の有無 なし
会報名  
市民へのアピール 広告・新聞・出版などコミュニケーションを生業とするメンバーが集まっています。それぞれの業界で培った専門知識を生かし、広告作成や記事執筆、編集、コミュニケーション戦略立案の支援を手がけています。しかし私たちはこう考えるようになりました。コミュニケーションスキルは、特定の業界のスペシャリストだけのものではない、と。そのため、今では『得意な人がまだ不得意な人にアドバイスしていく』、あるいは『得意な人がさまざまな団体を支援していく』というスタイルで活動を広げるようになっています。コミュニケーションに興味のある方、当団体で理解を深める同時に、学んだことを広める立場になってみませんか。
活動内容紹介 プロジェクトは、メンバーの有志が集まって生まれ運営されています。いわば、部会のようなもの。期間限定のものもあれば、定例化しているものもあり、決まったカタチは存在しません。完全にフリースタイルです。

一般的に、社会貢献活動は、「支援する側」と「支援される側」が明確に分かれていますが、コミュニケーションの学校の場合、両者が同じフィールドの中にいます。あるときは先生だったり、あるときは生徒だったり、そもそもプロジェクトを遂行していくことそのものが学びであったり…

上から押し付けられた手段・レールを作業のようにこなすのではなく、ゼロからすべてをプロデュースしていく。想いを描き、仲間を集め、社会問題に立ち向かっていく。そんな一連のチカラを身に付けていただき、それぞれの分野、会社、家庭、人生で、みなさんがご活躍いただけば、世の中は、もっと、もっと、良くなっていると思うのです。

●文章教室プロジェクト
新聞記者やコピーライターなどのメンバーたちが文章のイロハを教えています。商業文からブログ、子供の作文までジャンルはさまざまです。
●デザイン教室プロジェクト
グラフィックデザイナーやWEBデザイナーなどのメンバーたちによるデザイン教室です。魅せるポスター・チラシやHPの作り方をレクチャーしています。
●就職・転職サポートプロジェクト
人材業界出身者たちが自己分析の仕方や志望動機の作り方、面接練習などについてサポートしています。
●ソーシャルアントレプレナー応援プロジェクト
高い志を持ちながらも、小資本のベンチャー企業を対象に、有志が広告戦略やブランディング、デザインなどを具体的に支援しています。
●まちづくり支援プロジェクト
まちづくりに興味を持っている人たちが集まって運営されているプロジェクトです。ほかのまちづくり団体などとコラボ・プロジェクトも多数。
●家庭円満プロジェクト
家族内コミュニケーションの向上を軸としたプロジェクトです。配偶者や子ども、兄弟、親族などとの円滑なコミュニケーションについて意見を交換しています。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター