特定非営利活動法人埼玉カウンセリングセンター
                               

団体名 特定非営利活動法人埼玉カウンセリングセンター
団体名 ふりがな さいたまかうんせりんぐせんたー
団体キャッチコピー こころの健康を大切にしています。

代表者
氏名 高倉 恵子
氏名 ふりがな たかくら けいこ
330-0854
住所 大宮区桜木町4−780−7

団体連絡先
氏名 岡田 由貴子
氏名 ふりがな おかだ ゆきこ
330-0854
住所 埼玉県さいたま市大宮区桜木町4−780−7
電話番号 048-650-6514
FAX番号 048-654-6514
E-mail mail@npo-scc.jp
連絡可能時間 10:00〜20:00

基本情報
ホームページURL http://npo-scc.jp
活動カテゴリー 福祉、たすけあい、子育て、ファミリーサポート、保健、健康、医療、人権、男女共同、DV対策、ノーマライゼーション、防犯、防災、災害援助、生涯学習、社会教育、生きがい
活動開始年月 2003年   1月
法人格の有無 特定非営利活動法人
法人格取得年月 2006年   3月
主な活動エリア 埼玉県全域
主な活動場所・施設 団体の事務所及び、生涯学習総合センター(シーノ)
活動日 毎週 月火水木金土日・祝日
活動頻度 週7回
活動時間帯 10:00から20:00までのうち10時間
会員の主な年齢層 40代 50代 60代
会員制度の有無 あり
研修会参加者(正会員)に対し、会報・講座案内の送付、企画運営の補助 ボランティア講座参加者(ボランティア会員)に対し、会報・活動案内の送付
入会金の有無 あり 2,000円
会費の有無 あり 年会費3,000円
会報名 不定期
市民へのアピール 「支えられる人と支える人の、こころの健康を大切にしています!」

人間関係や心配ごとに対する悩みは、お気軽にご相談ください。

カウンセリングに関することを、初歩的な「傾聴の基礎」から、

日本カウンセリング学会認定カウンセラー資格取得に至るまで、学ぶことができます。

対人援助に関わる方のこころのケアにも取り組んでいます。

東日本大震災で被災された方々に対する、コミュニティ支援とこころのケア活動を続けています。
活動内容紹介 ‥渡叩μ明棔λ問などによる相談活動

 予約による対面相談のほか、無料の電話相談の期間を設けて、こころの悩みを軽減するお手伝いをしています。

▲ウンセリングなどに関する研修会・研究会の開催

 人の話しを上手に聴きたい方、カウンセリングについて知りたい方、

カウンセリングを仕事に活かしたい方、対人援助の仕事をレベルアップしたい方、

カウンセリングについて専門的に学びたい方など、さまざまな目的に合わせた研修会と研究会を開催しています。

9岷蕾颪覆匹侶屡活動

 うつに関する理解、ストレスとのつきあい方、子どものいじめへの対応、高齢者の人権、

ボランティア活動の取り組み方などのお話しをしています。

ご愀乎賃里箸力携

 被災者支援では、他のボランティア団体や、地元の行政、保健・医療・福祉関係者と、協働で活動を続けています。

ズ匈嘉の心身の危機状態における支援、およびそれに関する行政・諸団体との協働活動

 東日本大震災被災者支援活動の経験を、今後心配される災害の減災(主にこころのけあ活動)に生かしていきます。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター